sell well

新たな市場を創造するマーケティング・パートナー

menu

Column

2021/01/20

コロナ禍で普及するオンライン営業のすすめ

新型コロナウイルスの影響で2020年は人との接触を避ける動きが加速しましたが、その流れは営業の現場にも影響を与えています。オンライン営業としてオンライン空間で営業活動をしていくスタイルが広まっており、この流れは今後も継続していく可能性が高いです。どのようにオンラインで営業をするのかを理解しておいたほうが、コロナ禍を乗り越えた後のビジネスにも強みを持てると考えられます。

感染症対策を取りながら営業活動ができる

2020年は新型コロナウイルスが日本だけでなく世界中で流行したことにより、コロナ禍の状況になっています。新型コロナウイルスの特徴として人から人に感染していくので、人が密集するような場所は危険であると判断されています。

学校や職場などでは多くの人が集まって勉強や仕事をおこなうので、誰か感染している人がいるとその人から感染が広がっていくのでリスクが大きいです。基本的に至近距離で会話をしたり、咳をしなければリスクは小さいと考えられていますが、学校や職場では人との距離がどうしても近くなりやすい特徴があります。

そのため学校ではオンライン授業がおこなわれ、職場ではオンライン会議や在宅勤務などを取り入れる所が増えました。事務職の仕事であれば在宅勤務でも問題ありませんが、営業職の場合は通常はお客さんの所に出向く必要があるので、問題が発生してしまいます。しかしお客さんの所に直接営業で出向いてしまうと、お客さんに感染させるリスクを与えることになるので、営業マンは非常に困った状態になりました。

そのような困難な状況を打開させたのが、オンライン営業です。オンライン営業はパソコンを使用してお客さんにオンライン空間で営業活動をしていくことになりますから、直接会わずにお客さんと話すことができます。

感染症対策で一番重要になるのは人との接触を減らすことなので、オンラインを使用した営業活動は感染症対策としても効果が抜群です。海外では遠隔地の人との交流でオンラインサービスを使用することが前から普及していましたが、日本では直接出向いて顔を見せるのが美学だと考えられていました。

しかし新型コロナウイルスの登場で人と会うことがリスクになりましたから、営業にもオンラインを導入する流れが加速しています。

オンライン営業をおこなうにはお客さん側も事前に準備をしなければいけないので、商談を開始する前にアポイントメントを取る必要がありますが、コロナ禍の状況だからこそお互いに理解し合える状況になっているのが強みです。

交通費や時間の節約に繋がり営業効率が上がる

旧来の営業活動を考えたときに、実際に営業マンが営業先まで出向くスタイルが普通でした。このようなスタイルで営業活動をしていると、営業マン自体の疲労も蓄積していきますし、交通費や時間のロスが多くなってしまいます。営業先に到着するまでの時間は基本的に無駄な時間になりますから、オンライン営業を導入して省くことで、営業効率をスムーズに向上させることができます。

営業活動は頻繁におこなうので、年間のコストで確認すると交通費もトータルの時間の消費もとても大きくなります。

そのためオンライン営業を導入することで、交通費と時間の消費を軽減させることができれば、企業側の利益にも繋がる筈です。

一昔前であればオンラインを使用できる環境が幅広くは普及していませんでしたが、現代では多くの企業や個人がオンラインを利用できる端末を所持しているのも強みになります。営業効率の向上により営業マンが1日で営業できる件数も増やすことができますから、利益を多く確保できる可能性も高いです。

またオフィスから営業活動をすることで、お客さん側から難しい注文を受けたときに、上司にすぐ確認を取れるのも強みになります。

営業マンとして直接営業先に出向いている場合は、難しい注文を受けたときに一旦持ち帰ることもあるので、そのような時間のロスもなくすことができます。

直接対面して会話をするのが苦手な人でも、オンライン会議であればパソコンなどの端末を通じて遠距離で会話をすることになるので、緊張感も少ない状態でリラックスして営業活動ができるのもメリットです。オンラインを通じて会話をするのを得意としている人と苦手としている人が存在するので、その点は若干注意が必要になります。

ただ対面もオンラインも営業活動でおこなうことにはそこまで違いはありませんから、すでに営業活動をしていた人であれば、スムーズに対応できる可能性が高いです。

専用のツールを導入すれば簡単に開始できる

オンライン営業はコロナ禍でも効率的に営業活動ができる強みがありますが、どのように開始すればいいのか分からないと不安を感じてしまうかもしれません。オンラインでの営業活動をサポートしてくれる専用のツールが存在するので、そのようなツールを導入すれば簡単にオンラインで営業を開始することができます。

採用するツールによっても特徴に違いがあり、パソコンだけでなくスマートフォンにもツールを導入できたり、無料プランと有料プランを用意している所も存在します。スマートフォンにツールを導入できれば、外出先で急に営業活動をする必要が発生したときにもスムーズに対応できるようになります。

また無料と有料のプランが用意されている場合は、お試しで無料のプランを利用してみて、大切なお客さんに対して営業をする場合は有料のプランに移行しておくことで、安心して営業ができる筈です。

お客さん側がソフトをインストールしないで、営業活動を開始できるツールも存在しますから、お客さん側の負担を減らしたい場合は、そのような所のサービスを利用するのが大切になります。料金設定はツールによっても違いがありますから、事前にどの程度の費用が発生するのかを把握しておくと安心できます。

安いツールを使用したほうがお得なようにも感じますが、大切なお客さんとの商談の場合は機密情報を守るような考えも必要です。そのためセキュリティがしっかりとしているツールを導入したほうが、お客さんに対して安心感を与えることができます。

仮にオンライン営業を通じて情報が漏れたりすると、お客さんとの信頼関係に悪影響が発生するので、セキュリティが確保されている会社のサービスを利用するのが大切です。

またオンラインでの営業活動を成功させるには、お客さんがスムーズに商談に参加できるツールを選ぶのも重要になります。商談に参加するまでに難しい手続きが必要になると、お客さん側が不満を抱えてしまうリスクがあるので、営業を成功させにくい状態になってしまいます。

そのため分かりやすく利用できるツールを選ぶと、お客さん側の印象も良くなる可能性が高いです。 新型コロナウイルスが2020年に世界中で流行したことにより日本でもコロナ禍の状態になりましたが、ビジネスに新しいスタイルが確立されつつあります。

企業の利益に大きな貢献をしていた営業マンの働き方にも変化が起きており、営業活動をオンラインでおこなうスタイルが増えています。オンライン営業としてお客さんとオンライン空間で商談をすることができるので、効率的に営業活動ができるようになりました。オンラインを使用することで、営業先に出向くまでに発生する交通費や時間の消費を削減できることにも繋がっているのが素敵なポイントです。

営業マンが対応できる営業件数も増やすことができますから、自然と利益の向上を狙うことができます。専用のツールが用意されているので、難しい手続きなどを必要とせずに簡単に開始できるのもメリットです。

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。

ご相談・お問い合わせ