sell well

新たな市場を創造するマーケティング・パートナー

menu

Column

2021/01/21

コロナ禍でおすすめの営業スタイルや営業ツール

今、世界はコロナ真っただ中にいます。人との接触をできるだけ避け、人と距離を取らなくてはいけない時代になっています。コロナ禍の中で営業スタイルもいろいろと変化させなければいけない時代になってきているのではないでしょうか。そんなコロナの時代で営業として働くためにはどのような営業スタイルがおすすめなのか、また便利な営業ツールについて詳しく紹介しましょう。ぜひ参考にして下さい。

コロナの時代を営業として勝ち抜くために

未知のウィルスによる猛威が世界中、そして日本中を襲っています。そんなコロナ禍ではできるだけ密を避けるために人の接触を避け、距離を取る対策が重要視されているでしょう。そんな対策は社会生活においてもさまざまな影響が出てきています。

特に営業にとってはお客さんとコミュニケーションを図る上で顔を合わせての会話はとても重要になります。それが売り上げにもつながる場合もあるため、コロナが流行する前であればこまめに得意先に足を運ぶ人も多かったのではないでしょうか。

しかしコロナ禍においてはこまめな得意先回りは返って迷惑になってしまう場合もあります。売り上げを伸ばしたい一方、得意先には足を運ぶことができないというジレンマを抱えながら営業活動をしなければいけなくなっています。そんなコロナ禍の中では新しい生活様式と共に営業スタイルも変化させなければいけないのではないでしょうか。

直接顔を見て話せないのであればパソコンなどの画面越しに相手の顔を見て話しをするオンラインでの対話がおすすめです。そのための営業ツールも多く出ており、各会社が導入を急いでいます。非対面での価格交渉であったりオンライン上での打ち合わせなどさまざまな使い方があり、対面のときに近い形で会話をおこなうことができるでしょう。

もちろん実際に会って話すのとはまた違った印象にはなりますが、営業活動を自粛しなければいけないこの時代においては本当に役立つ営業ツールではないでしょうか。このコロナの時代をいかにうまく切り抜けることができるかが営業としての腕の見せどころです。他の人と差をつけるためにも、ぜひ上手に取り入れましょう。

これまでの対面での営業スタイルはコロナ禍においては変えていかなければいけない部分です。いかに会わずにコミュニケーションを図ることができるかが営業成績を上げる上での分かれ道になるのではないでしょうか。このコロナはいつ終息するのか先が見えない部分が多く、まだまだ油断することができない状況が続いています。その中で営業として勝ち抜くためにも、今の時代に合った営業スタイルを取り入れることが大切になるのではないでしょうか。

オンライン商談など実はメリットもある

非対面での営業活動が主流となるコロナ禍ですが、何もマイナスなことばかりではありません。便利な営業ツールを利用し、オンライン商談などすることでこれまで以上にコミュニケーションを図ることができるかもしれないでしょう。

例えば得意先が遠方にある場合、得意先回りをするとしても一日にいける箇所数には限度があります。行くだけで時間がかかってしまう場合もありますし、往復のことを考えるとある程度行く得意先を絞らなければいけません。

しかし、オンラインでの打ち合わせなどすることで往復の移動時間を短縮することができ、その分、各得意先とコミュニケーションを図る回数を増やすことができるでしょう。

また、得意先回りをするためには交通費も馬鹿になりません。ガソリン代や新幹線代など、遠方になればなるほど費用がかかってしまうでしょう。そんなときでも便利な営業ツールを利用すればガソリン代など掛けずにコミュニケーションを図ることも可能です。導入するためにはある程度費用がかかってしまうかもしれませんが、機能を上手に利用することでコロナの時代においての勝ち組になることができるかもしれません。今の時代をいかにうまく切り抜けることができるか、それをしっかり考えながら営業活動をする必要があるでしょう。

厳しい時代ではありますが、うまく切り抜けることができるかが売り上げに大きく関わってきます。現在の状況がいつ終わりになるか見えない中で営業成績を伸ばすためにはいかに非対面でコミュニケーションを上手に図ることができるかがとても大切になってきます。

もちろんオンライン打ち合わせであってもアポイントは取らなくてはいけません。それはこれまで同様に電話やメールなど活用しつつ連絡をこまめに取ることが大切です。オンラインでの打ち合わせは失礼ではないかと思う人もいるかもしれませんが、逆に相手の人もその方が良いという人が多いのではないでしょうか。

やはりコロナが流行している中では人と人との接触の機会をできるだけ少なくすることが大切ですし、会議室などで換気もせずに密な状況で打ち合わせをしたことでコロナに感染してしまった人も多くいます。そういったことを考えれば、営業スタイルの変化は必然なことではないでしょうか。

変化させなければいけない営業スタイル

これまでもオンラインでの打ち合わせなど取り入れている会社もありましたが、コロナ禍においてはそれが主流になってくるでしょう。テレワークであったり外出の自粛が叫ばれている今だからこそ、この便利な営業ツールをフル活用させる必要があるでしょう。

得意先に行かなくてよくなった分、経費削減にもつながりますし、体力面での消耗も抑えることができるのではないでしょうか。その分、顧客アピールにつながる資料づくりなど別なことに力を注ぐことができます。

また、営業ツールを上手に利用することで顧客管理もこれまでより簡単におこなうことができるのではないでしょうか。情報を共有するツールを活用したり、社内でうまく利用することが会社全体の売り上げを伸ばすことにつながるでしょう。

コロナ禍において、売り上げが落ちてしまったという人も多くいるのではないでしょうか。誰もが経験したことがないコロナ禍だからこそ、いかにうまく切り抜けることができるかが大切になってきます。営業スタイルは時代に合わせて変化させることが大切です。

特に今コロナが流行している中では、従来の営業の仕方では相手から敬遠される場合も多いでしょう。その中をいかに上手に営業することができ、売り上げを伸ばすことができるかが大切です。

また、得意先との打ち合わせだけでなく、遠方の支店や営業所との連携にも役立てることができるので、ぜひ上手に利用しましょう。在宅で仕事をしなければいけなくなってしまったり、行動の自粛が叫ばれている中で仕事をすることはどんな職種であっても大変なことです。特に営業は従来であれば顔と顔を合わせて会話をし、その中で仕事につながる部分も大きくあります。それができないとなると死活問題です。

ぜひ今の時代に合った営業ツールを利用し、オンラインでのコミュニケーションを上手に活用しましょう。

依然として収まる気配を見せないコロナウイルスは今現在も世界中で猛威を振るっています。その中で営業として生き抜くためには上手に今の時代に合った営業ツールや営業スタイルを取り入れることが大切です。

特に営業の場合は対面での打ち合わせなどがこれまでであれば主流であり、それがコミュニケーションを図る上でも重要でした。しかしコロナ禍においては密になることや人と人との接触を避けなければいけません。この状況をいかにうまく乗り切ることができるかが売り上げにもつながってくるのではないでしょうか。

非対面でのオンライン打ち合わせなど上手に利用することで、移動に掛ける時間の削減であったり経費削減にもつなげることができます。マイナスな中でもいかにプラスにすることができるか、時代に合わせた営業スタイルでしっかり乗り切りましょう。

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。

ご相談・お問い合わせ