sell well

売るチカラを創造するマーケティング・エージェンシー

menu

世界各国の本質を捉えるリサーチ力

オープンデータ収集、既存データだけでは捉えられない戦略を立てる上でピンポイントに必要な情報を収集します。日本市場と世界各国の市場には大きな違いがあります。そのため表面上の産業構造だけではなく、キーマンや業界における要人などの抑えるべきポイントを実態として捉えていくことが重要となります。
※海外案件は、グループ会社プルーヴのネットワークを活用します。

4つのポイント

日本の常識が世界の常識ではない点はどこなのか、またそれをクリアする為には「何を」あるいは「誰を」 押さえるべきなのかの本質的実態を業界別・製品別・サービス別に理解していくことの必要性を重視しています。そのために事業計画策定に必要な情報を様々な手法によって収集・解明を行っていきます。
すべて実施すると膨大なコストになりますが、お客様の持てる予算内でまとめあげれるようこれまでに確立した手法とノウハウを用いて支援します。

Point 01.

現地で成功している日系・外資系企業や、提携先あるいは競合先として可能性のあるロー カル企業などの事業体制を詳細に調査することで、対象国でどういった体制を組むべきかなどの計画原資にする。

Point 02.

ローカル企業の生産体制や原材料調達先あるいは国 ごとの関税・物流を把握することでサ プライチェーンの計画策定原資にする。

Point 03.

ベンチマーク企業の流通体制、代理店構成・取引条件・販売奨励金の仕組みなどを調査により解明することで、具体的な販売網策定計画の原資にする。

Point 04.

進出国における外資法規制、製造規制、販売規制を把握し、進出をクリアする為の方法を理解し、その実現の為の時間軸を把握する。

海外調査の種類

特定のニーズのみに発生するような調査の場合もご対応可能です。

市場調査
  • 市場実態把握調査
  • 現地取材アテンド
  • 現地パートナー開拓調査
  • 各種消費者調査
競合調査
  • 競合戦略調査
  • 競合組織体制調査
  • 競合販売実態調査
  • 競合調達実態調査
流通調査
  • 流通構造把握調査
  • バイヤー調査
  • 代理店調査
  • 業界評判調査
産業構造調査
  • 産業構造調査
  • 関連法規性実態調査
  • 認可取得フロー調査
  • 業界キーマン把握調査

世界115国以上の調査が可能

どの国に進出すべきかの検討フェーズからお客様と一緒に考えていきますので、お気軽にご相談ください。

同業他社との違い

信憑性の低い統計情報やデスクリサーチ情報はあくまで「参考情報」と位置づけ、現場に携わる様々なプレイヤーからの定性的な情報を積み重ねることを基本スタンスとしています。このスタンスは同業他社様からにも評価頂いており、実際に彼らがカバーできない部分を外部委託いただき、調査・分析・示唆のご提示を行うこともあります。

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。

資料請求 ご相談・お問い合わせ