sell well

売るチカラを創造するマーケティング・エージェンシー

menu

店頭販売の現場実態を把握します。

自社他社商品の『展開状況』、『店頭における強みと弱み』、『扱い状況』、『フェイスシェア』などを客観的に把握します。

店頭調査の活用例

01.最適な店頭価格設定のための店頭調査

  • 課題・要望

    新しい商品のリリースに向け、店頭販売価格設定をどうするかの計画を立てる必要があるが、どのような設定をしていけばよいかよくわからない。実際に売れるまたは、利益が最大になる価格設定の必要がある。

  • 提案・実施内容

    ①消費者調査によるPSM分析と適正価格の把握
    価格感度を把握することで、顧客が手に取りやすい価格範囲を設定していきました。
    ②競合企業調査
    競合社における商品開発戦略の実態調査を行いました。
    PL実態の分析と価格設定の基準及び考え方の把握しました。
    ③店頭調査における店頭実売価格実態の把握
    実際の売場での販売価格がどうなっているのか、特に競合になりえる販売価格設定がどのようになっているかを把握しました。

02.新商品フェイス状況調査

  • 課題・要望

    CVS(コンビニエンスストア)で全国発売されて2週間が経過した新商品のフェイス状況を確認したい。

  • 提案・実施内容

    全国500店舗のCVSの店頭状況を定量的に把握しました。

実施項目例

1.店舗情報、店舗周辺情報

  • 店舗基本情報
  • 店舗周辺情報
  • 来店客層情報

2.店頭フェイス分析

  • 棚割り惑星
  • 当該カテゴリーフェイス数情報
    *自社および競合アイテム
  • 陳列優位置によるポイント化と分析
  • ISMポイントによる優位度分析
  • プロモーションツール展開状況

3.当該カテゴリーの売り方の基本

  • 特定ツール設置状況
  • 意図した売場になっているかの確認
  • 店頭写真
    *店舗外観
    *カテゴリー全体と詳細(遠景・中景・近景)
    *定番売場
    *エンド/アイランド/テーマ棚

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。

資料請求 ご相談・お問い合わせ