sell well

新たな市場を創造するマーケティング・パートナー

menu

Sellwelly

2019/12/10

これからのYouTubeに求められる知的好奇心を満たす教育系コンテンツ

教育系 youtuber

マーケティングの施策として(※)コンテンツマーケティングに取り組む企業も多いでしょう。

セルウェルで働くメンバーも新しいコンテンツを作るために、客観性を持ちながら新しいコンテンツに触れるようにしています。
今回は世の中のコンテンツ動向を追う中で、自らの体験や感じた内容をお伝えします。

(※)ユーザーにとって価値のある有益なコンテンツからWebサイトへ呼び込んでファン化させ、問い合わせや商品購入などの行動へつなげるマーケティング施策のことです。

知的好奇心を満たす教育系コンテンツの増加

面白い一発芸的な動画が受け入れられていたYouTube。今までは自分では体験できない「やってみた」企画や実況動画が人気でしたが、それも飽和状態となり、最近では教育系コンテンツに勢いが出てきたように感じます。同時に教育系YouTuber(EduTuber)の存在も注目されてきました。

共通しているのは「聞いたことがある」「何となくしか知らない」ことを、コンテンツを楽しみながら賢くなった気分になれるという点です。

この動向から、これからはユーザーの教養となるコンテンツが受け入れられていくのではないでしょうか。具体的には視聴した後に「もっと知りたい」「もっと勉強したい」と思えるようなテーマ・内容のチャンネルが増えていくと思われます。

セルウェル社内で話に上がった教育系コンテンツ

セルウェルで注目している教育系コンテンツを紹介します。これらの教育系コンテンツは、トーク力やプレゼンテーション力、サマライズ力もビジネスの参考になり視聴者の関心を集めています。

中田敦彦のYouTube大学

中田敦彦のYouTube大学

歴史や経済、文学など、知っているようで深くは知らないことをテーマに、1本30分前後の講義方式で、教養として知っておきべきことを教えてくれます。

また有料オンラインサロンも開設しており、こちらも話題になりました。講義形式というよりも会員に意見を伺いながら進めていくのでシナリオ通りにはできず、よりプレゼンテーション力が見ものとなっているようです。


https://www.youtube.com/channel/UCFo4kqllbcQ4nV83WCyraiw

マックスむらい

マックスむらい

チャンネル登録者数155万人を超える人気チャンネルを持っているマックスむらい氏。ゲーム実況ややってみた系の内容が多い印象ですが、現在は、ホワイトボードを使ったプレゼン系動画をたくさん配信しています。
https://www.youtube.com/channel/UC5Y35HzjHnxi2Dk8Xk8Cllw

Mookstudy 日本の歴史(podcast)

Mookstudy 日本の歴史

『個人と向き合う最適のコミュニケーションメディア?ラジオの魅力』
https://sellwell.jp/sellwelly/communicationmedia-radio/
でも取り上げましたが、音声メディアでも教育系コンテンツは人気のコンテンツになっています。

その中でも注目しているのは人気ランキングでも上位にランクインする、日本史オタクによるPodcast番組です。「日本の歴史に興味をもってもらうきっかけを」をコンセプトに、緩い雰囲気の中で歴史を深く知ることとができるので、つい面白くて聞き続けてしまいます。
https://mookstudy1.mookmookradio.com/
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/mook-study-日本の歴史-ムックスタディー-日本の歴史/id1348710563?ign-mpt=uo%3D2

コンテンツ内の企業広告の価値

こうしたコンテンツ動向に変化がある中で、当然、企業側としては広告を出したいと考えると思うのですが、どのように広告を配信すればよいのでしょうか。

たとえば視聴中に有無を言わさず流れる広告映像。否応なしに映像を押し付けられ、商品の存在を知りはするものの、ユーザーは興味を持つでしょうか。むしろ自分の世界やコミュニティに無理やり入ってこられることを嫌がり、商品や企業に対して良い印象は持たないでしょう。これではせっかくの広告も逆効果です。

ユーザーが自由に情報を集められる今、必要としていない広告を見せることにどれだけの価値があるのか、アテンションから入る今のマーケティングコミュニケーションを考え直す時期に来ています。

積極的にコミュニケーションを取ろうという姿勢は大事ですが、人と人とがつながりやすくなっているからこそ、広告にも“人感”がなければ商品や企業への信頼は得られません。そのためには、ヤラセではない影響力のある人の声やクチコミを醸成するコミュニケーションの取り方が効果的な方法が広告にも求められています。

これからのコンテンツ作りに欠かせないこと

さまざまなコンテンツやチャネルが増えたことで、ひとり一人の視野は拡がりましたが、個人の価値観は狭くなってきているように感じます。これは価値観が多様化し、価値観を拡げる機会が少なくなってきているからかもしれません。

多くの人は、コンテンツから受動的に情報を得ています。ひとつ検索すれば、ユーザーの趣向や関心事に合わせて表示されるターゲティング広告。しかし受動的にコンテンツを見ることに、違和感を感じている人もいるはずです。

この違和感を感じる人が増えれば増えるほど、ユーザーが能動的な反応を起こすような良質なコンテンツが必要とされます。これが知的な教育系コンテンツが増えている要因でもあるのでしょう。

これからは狭い世界へも入り込んで、ユーザーの能動的な動きを後押しするような知性的なコンテンツが求められていくのではないでしょうか。そしてそれらのコンテンツが個の狭い価値観を拡げ、ユーザーの満足度を高めてくれることになるでしょう。

中野 豊

著者/中野 豊

セルウェル株式会社 マネージャー

メーカー様の商品を売りの現場に、いかに効率的に、かつメリットが最大限に出せるかを 重視し、親身になって提案することをモットーにしています。これまでの実査・コンサル 経験を活かし、理想よりも現実を重視した、地に足の着いた提案をしていくことを目標と しています。

マーケティングの課題を様々なレベルで支援します

企業が成長・拡大するためには、「よく売れる」ことが源泉であり、 その企業が社会に存在する価値となります。私たちは、複雑で未知な世の中であっても企業の売るチカラを高め、あらゆるレベルのマーケティング課題・ご要望にお応えし、事業の成長・拡大を支援します。

check!
facebookページ(売り袋)では、セルウェルメンバーによるマーケティングに関する日常の気づきを発信しています。

この記事に興味を持つ方は、他にもこんな記事を読んでいます

リモートワーク オンライン勉強会
2020/03/24

リモートワークで発生するマネジメント問題はどう解決する?対話を重視したオンライン勉強会のすすめ

セルウェルでは、新型コロナウィルスの感染拡大に備え、1月29日より在宅勤務を導入しました。現在は社内でルールを定め、マネージャー判断の元で在宅勤務(リモートワーク)による業務に取り組んでいます。 そうした中、普段会ってい…

ダイアログ勉強会
2019/12/13

【マーケティングダイアログ勉強会レポート】「ライバー」はポスト・ユーチューバーになるのか?

目次1 前提知識がなくても楽しみながら深い学びのある時間2 参加者からの感想3 当日のプログラム内容3.1 対象者3.2 開催日時3.3 開催場所3.4 プログラム3.5 勉強会モデレータ 前提知識がなくても楽しみながら…

コミュニティのすゝめ
2018/08/28

仕事で?プライベートで?「接点」で緩くつながるコミュニティのすゝめ

突然ですが、情報を収集する方法として何を利用していますか? 新聞テレビといったマスメディアはもちろん、SNSも今や立派な情報収集源と考えられます。しかしながら、ある種受動的ともみえるそれらの情報収集源とは別に、これからは…

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。

ご相談・お問い合わせ