sell well

売るチカラを創造するマーケティング・エージェンシー

menu

Sellwelly

2019/04/05

インスタグラムのショップ機能はECプラットフォームの終わりの始まり?最新機能からみえたインスタグラムの目指すポジション

インスタグラム ショップ機能

「ZOZO離れ」は予兆にすぎない?

2019年に入って以降、小売市場で何かと耳にする「ZOZO離れ」。オンワードやライトオン、ミキハウスといった大手アパレルが相次いで離脱を公表していることから、ご存知の方も多いかもしれません。

しかし今回お話したいのは単一のECプラットフォームの話ではありません。アパレルに限らず大局観にたって、今後のECプラットフォームそのものにフォーカスしてみたいと思います。

というのも、ECプラットフォーム単体のいざこざばかりに気を取られてしまっている場合ではないからです。漁夫の利ですべてを凌駕してしまう恐ろしい存在が現れる可能性が出てきたのです。

しかも「漁夫の利」役として最有力候補なのは、なんとインスタグラム!みなさん、老若男女問わず集まるタダの大人気写真投稿SNSとばかり思っていませんか?

目指すはECプラットフォーム?
インスタグラムの最新事情

新機能は「インスタ内で決済完了」

Checkout on Instagram インスタグラム上で決済

3月19日にインスタグラムが新しく発表したショップ機能「Checkout on Instagram(インスタグラム上で決済)」について見ていましょう。

インスタグラムで購入したいアイテムをみつけた場合、Google Chromeなどのブラウザに飛ぶことなくインスタグラム離脱しまいままシームレスに購入が完了できるようになったのです。

現行のショップ機能とは?

インスタグラムショップ機能例

以前の記事(大衆化した「インスタ映え」の次は?インスタを使ったマーケティング戦略の今後とは)で触れたようにこれまでもインスタグラムにはショップ機能というものがありました。

それは通常の投稿(フィード、ストーリーズ共に)において、①アイテム画像 ②商品説明 ③値段 ④購入可能なサイトURLへの誘導、という4点が利用できる状態。ユーザーは、気になったアイテムをタップすると一度購入可能なサイトへ飛び、購入手続きが取れるようになっていました。こちらも今回同様、昨年6月にβ版がリリースされたのち、日本を含む世界46ヵ国へと解禁されました。

そしてお分かりの通り、今回の「Checkout on Instagram」の機能は④に当たる機能となります。サイトURLへの誘導なしにインスタグラム内で決済まで完了できるようになったのです。もちろん購入時に必要な顧客情報や、発送アラートを含む全てはインスタグラムから随時送られます。

インスタグラムショップ機能 画面遷移 カートまで

新機能はβ版、搭載されたのは世界的ブランド全25アカウントのみ

今回の機能リリースは試験的に適応された機能となっており、残念ながらまだどのアカウントでも利用できるわけではありません。また個人情報や配送の関係もあるのでしょう、利用できるのはアメリカ在住のユーザーのみとなっています。

このβ版が搭載されたアカウントが、以下の世界的に有名なブランド23ブランド(合計25アカウント)になります。

Adidas @adidaswomen / @adidasoriginals
Anastasia Beverly Hills @anastasiabeverlyhills
Balmain @balmain
Burberry @burberry
ColourPop @colourpopcosmetics
Dior @dior
H&M @hm
Huda Beauty @hudabeautyshop
KKW @kkwbeauty
Kylie Cosmetics @kyliecosmetics
MAC Cosmetics @maccosmetics
Michael Kors @michaelkors
NARS @narsissist
Nike @niketraining & @nikewomen
NYX Cosmetics @nyxcosmetics
Oscar de la Renta @oscardelarenta
Ouai Hair @theouai
Outdoor Voices @outdoorvoices
Prada @prada
Revolve @revolve
Uniqlo @uniqlo
Warby Parker @warbyparker
Zara @zara

言うまでもなく購買が絡むことから、顔ぶれは主にアパレルもしくはビューティーブランドが中心。前者に関しては、「Uniqlo(ユニクロ)」「Zara(ザラ)」といったデイリーユースのブランドや、「Adidas(アディダス)」「Nike(ナイキ)」といった世界的スポーツブランド、そして「Burberry(バーバリー)」「Dior(ディオール)」「Prada(プラダ)」などの一流メゾンブランドまで幅広くセレクトされています。

そして注目したいのはビューティーブランド(上記において太字で表記されているもの)。

現時点でもインスタグラムが売上に大きく貢献しているビューティーブランドですが、日本ではまだ馴染みが薄いものの、昨年2018年経済誌『フォーブス』の発表した「アメリカで自力で成功した女性60人」に史上最年少でランクインしたカイリー・ジェンナーが展開するブランド「Kylie Cosmetics」は特にチェックしておきたいですね。

https://www.instagram.com/kyliecosmetics/

Kylie Cosmetics



“別物” へ生まれ変わるインスタグラム

転換だった2018年。2019年インスタグラムは「探しに行く場」へ

以前の記事(大衆化した「インスタ映え」の次は?インスタを使ったマーケティング戦略の今後とは)で触れたように、創業者の2人が抜けた2018年はインスタグラムにとってローンチ以来の最大の転換期と言えます。(もちろんそれまでのもっとも大きな出来事はフェイスブックへ売却したこと)

ローンチ当初、感性のコミュニケーションができる唯一無二の〈クールな場〉として言語を超えたSNSの先陣を切っていたインスタグラムですが、売却し、そして創業者が離れて以降、いよいよECプラットフォームとしての舵きりを本格化しはじめたと言えるでしょう。

それは現に「ググらずにインスタで検索する」というユーザー行動が物語るよう、もはやインスタグラムは「偶発的に出会う場」ではなく「狙い定めて探しに行く場」と化している現状を鑑みれば正しい転換と言えるかもしれません。

インスタグラムは巨大なECプラットフォームとなるのか

2,500万のビジネスアカウントが存在しているインスタグラム(昨年9月時点)。2012年にフェイスブックが100万ドルで買収したインスタグラムの市場価値は昨年の時点でその100倍とも言われており、伸び悩みや今後の大胆な方向転換が議論を呼んでいるフェイスブックと比べてまだまだ伸びの余地が十二分にある事業と言えそうです。

常に試行錯誤を繰り返しているインスタグラムは、これまでもSnapchatそのままの機能であるストーリーズ機能をつくったことを発端に、youtubeを意識したIGTVをつくり、最近では、IPOを果たしたリフトの展開するPinterestを意識してか「保存機能」の公開設定が可能になるというニュースまで飛び出しています。

そういった一見無闇なコピーとも見られるこのような戦略こそ、すべてはECプラットフォーム構想の駒と考えると合点がいくかもしれません。たしかに、すでに200万アカウントが利用している広告収入に頼りつづけるより、ECプラットフォームによる収益化の方がビジネスチャンスとしては大きいことは明らかです。

ゆえに今後もさまざまな機能追加を繰り返してインスタグラムはますますECプラットフォームへと進化を遂げていくことになるでしょう。

もはや “別アプリ” へと生まれ変わりを始めたインスタグラム、その無双っぷりは今後もしばらくつづきそうです。

〈つながり〉という財産を見失わないこと

今回はインスタグラムの最新事情と展望について見てきましたが、大きな潮流を垣間見ていただけましたでしょうか。

今回の新ショップ機能「Checkout on Instagram」リリースは徐々に他アカウント・他地域でも行われるとのこと。日本在住のユーザーが機能利用できるようになる日もそう遠くないといえるでしょう。

もちろん機能解禁に伴い、使えるチャネルはしっかりと活用できるように対応することは必至でしょう。アプリ離脱無くして決済まで完了できるということは、購買行動を妨げる煩わしさの改善という点において、ショップ側にも非常にメリットが強いと言えます。

しかし一方で、いかなるプラットフォームも所詮は「他人の庭」。先日、myspaceがサーバー以降にともなう作業時に2003年〜2015年の12年分に渡る音楽データを紛失したように、顧客情報はもちろん顧客との〈つながり〉を「他人の庭」ばかりで行うことは危険です。

時流に乗りつつも流されることなくしっかりと自立できるブランド運営・展開をしていくためにも、SNSを含めたオンラインの使用方法を今一度考える良いタイミングなのかもしれませんね。

参考

オンワードも離脱、ZOZOの止まらない「アウトレットモール化」
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00006/

「ZOZO離れ」歯止め不透明……割引表示「軌道修正」も新たな離脱組
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/01/news062.html

Introducing Checkout on Instagram
https://instagram-press.com/blog/2019/03/19/instagram-checkout/

About Shopping on Instagram
https://help.instagram.com/191462054687226

お店はググらず、インスタで探す SNS時代の情報収集術
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1807/20/news033.html

Instagram expands shopping features to take on Amazon
https://mashable.com/article/instagram-shopping-expansion

Instagram is building a standalone app for shopping
https://www.theverge.com/2018/9/4/17819766/instagram-shopping-app-e-commerce

Instagram Is Estimated to Be Worth More than $100 Billion
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-06-25/value-of-facebook-s-instagram-estimated-to-top-100-billion

Facebook (FB) Q2 2018 Results – Earnings Call Transcript
https://seekingalpha.com/article/4190221-facebook-fb-q2-2018-results-earnings-call-transcript?part=single

A Privacy-Focused Vision for Social Networking
https://www.facebook.com/notes/mark-zuckerberg/a-privacy-focused-vision-for-social-networking/10156700570096634/

Myspace deleted 12 years’ worth of music in a botched server migration
https://www.theverge.com/2019/3/18/18271023/myspace-music-videos-deleted-2003-2015-server-migration

マーケティングの課題を様々なレベルで支援します

企業が成長・拡大するためには、「よく売れる」ことが源泉であり、 その企業が社会に存在する価値となります。私たちは、複雑で未知な世の中であっても企業の売るチカラを高め、あらゆるレベルのマーケティング課題・ご要望にお応えし、事業の成長・拡大を支援します。

check!
facebookページ(売り袋)では、セルウェルメンバーによるマーケティングに関する日常の気づきを発信しています。

この記事に興味を持つ方は、他にもこんな記事を読んでいます

インスタ映え
2018/12/01

大衆化した「インスタ映え」の次は?インスタを使ったマーケティング戦略の今後とは

2017年ユーキャン新語・流行語大賞にノミネート・大賞受賞されたことで今やすっかり世間に浸透した「インスタ映え」。今やその言葉は誰もが知るところとなりました。しかしながら2018年、インスタグラムを取り巻く環境も少しずつ…

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。

資料請求 ご相談・お問い合わせ