sell well

新たな市場を創造するマーケティング・パートナー

menu

Column

2020/10/27

優秀な人材を見抜き採用・確保するためのポイント

会社を発展させるための方法はいくつもありますが、その中でも大きな要素となるのはやはり人材でしょう。優秀な人材を集めれば集めるほど、会社のために活躍してくれるので、大きな発展を望むことができます。

しかし、優秀人材を狙っているのは自分たちの企業だけではないため、採用や確保するためのポイントをきちんと知っていなければいけません。ほかの会社に取られてしまうと、自身のところがマイナスになるだけではなく、相手の企業がプラスになってしまうので注意しましょう。こちらでは優秀な人材を集めるための方法をいくつか紹介するので、さらなる発展を望んでいるのなら、参考にして採用・確保のときに役立ててください。

望んでいる人材をハッキリさせよう

臨んでいる人材

優秀な人材といっても種類があるため、どのような人材を確保したいのかしっかりと考えなければいけません。英語が話せたりプログラミングができたり、世の中にはいろいろな方がいるので、今自分の会社がどんな人材を求めているのかハッキリとさせることから始めましょう。

もちろん新卒ならば、これから教育していくことになるので単純に能力を重視するのもよいです。きちんと雇いたい方を決めておかないと応募者も困ってしまうので、双方のためにしっかりと把握しておくことが大切です。

なお、現在では日本だけではなく、海外からの人材も雇うことが可能になっています。世界中から優秀な人材を集めることができれば、会社はより大きく発展していくはずです。日本人にはない感性の人も雇えるので、グローバルな視点を持った会社を目指せるでしょう。

ただし、日本人を働かせる場合とは違った手続きがあるので、初めて外国人を募集するのなら正式な方法をきちんと学んでおく必要があります。見切り発車してしまうとあとからトラブルが起こって、素晴らしい外国人を見つけても、結局は雇えなかったということになりかねません。

とにかくたくさんの人を集めることが大切

チーム

優秀人材を採用・確保したいと考えた場合、まずはとにかくたくさんの応募者を集めることが大切です。なぜならば、50人の応募者の中に理想としている人材が存在する確率よりも、200人の応募者の中にいる確率のほうがずっと上だからです。

したがって、会社が希望する方を集めたいのなら、優秀な人材に限って募集するのではなく、できる限り多くの方を集めることから始めましょう。集めれば集めるほど、その中に会社にとって利益をもたらしてくれる人材が含まれている可能性が高いのです。

もしも、現在よりも多くの応募者を確保したいのなら、今おこなっている募集方法に加えて、ほかの手段もやってみることをおすすめします。今までの方法をそのままおこなっていては、今までと同じ人数しか応募者を集めることはできないからです。

時代は進化しているので、しばらく同じ方法で採用を行っていたというのなら、画期的な方法がいくつも登場しているので試してみましょう。

例えば、最近では大手の動画サイトを使って、募集する採用ムービーというものがあります。公式ホームページに募集要項を出していても、余程興味がある方しか見てもらうことはできないでしょう。しかも、文字と写真を使った説明では面白みもないため、少し興味があるくらいの方は見るのをやめてしまうかもしれません。

しかし、ムービーならば映像と音声を使ったうえで、効果的に募集を呼びかけることができます。工夫次第では人を惹きつけるムービーを作成できるため、多くの方に興味を持ってもらえる可能性が高くなります。

ただし、素人が作ったムービーでは、ほぼ間違いなく退屈なものになるので気をつけなければいけません。そのため、映像系の会社を経営しているのでもない限り、本職のサービスに作ってもらうようにしましょう。多くのムービーを手がけている制作会社ならば、たくさんの方に応募してもらえるようにしっかりと仕上げてくれます。もちろん、ヒアリングをできる限りおこなってくれるため、会社の魅力を伝えられる素晴らしい作品になるでしょう。

他にも、SNSを使った方法やイベントを活用した方法など、さまざまな募集の仕方があります。応募者をたくさん集めたいと考えるのなら、目立つ方法を利用して、就職を考えている方にどんどんとアピールをしてしまいましょう。いろいろな手法が現在進行形で増えているので、最新情報をリサーチしたうえで活用することをおすすめします。

コンサルティングサービスの利用をしよう

コンサルティングサービス

たくさんの人を集められたとしても、優秀な人材を採用・確保できるというわけではありません。担当する面接官が良い人材を見抜けなければ、通常の10倍の応募者があったとしても理想的な人材を見つけ出すことはできないでしょう。もし面接官に不安があるのなら、コンサルティングサービスを活用して採用の手伝いをしてもらうことをおすすめします。

実は採用に特化したコンサルティングというものがあり、そちらに頼めば、優秀な人材を確保できるようにしっかりとサポートしてくれます。新卒だけではなく中途採用のサポートもおこなってくれるので、幅広い応募者の中から、理想の選択をできるようになるでしょう。

現在の世の中の動向をしっかりと考慮したうえで人材捜しをしてくれるので、時代にマッチした方を採用することができます。もちろん、プロの目線で見てくれるため、普通ならば気がつかない個人のよさも見抜いてくれるでしょう。

また、コンサルティングサービスによっては、担当する面接官の教育もおこなってくれます。いくらサポートしてくれるといっても、すべてを丸投げするわけにはいかないので最後は面接をしなければいけません。最後の最後で失敗してはいけないため、面接官の教育はとてもありがたいサポートだといえるでしょう。

どのようなサポートが用意されているのかは、コンサルティングサービスの公式サイトに列挙されています。それぞれの詳しい説明がされているので、望むサポートが用意されていることを確認してみましょう。存在していなかったのなら見つかるまで、ほかのところの公式サイトをチェックすることをおすすめします。

適当に選んでしまっては、適当な人材しか集められない可能性があるので気をつけなければいけません。なお、当たり前のことではありますが、コンサルティングを頼むためには、それなりの費用が必要になってしまいます。ただし、費用は会社の規模によって異なりますし、サポートして欲しい内容によっても異なります。

つまり、ほとんどの場合はコンサルティングサービスに見積もりをもらわなければ分からないといっても過言ではないでしょう。そのため、費用を知ってから利用するかどうか決めたいのなら、まずは見積もりをお願いする必要があります。そこで提案された値段を支払ってもよいと思えるのなら、早速契約をして希望する人材捜しを手伝ってもらいましょう。

優秀な人材はどこの会社も狙っているので、最初にしっかりと方向性を決めたうえで動かなければ、雇うのは難しいといえるでしょう。そのため、まずはどのような方を雇いたいのか決めて、さまざまな手段で募集することをおすすめします。

もしも、自分たちの考えだけでは足りないと考えたのなら、コンサルティングサービスのお世話になりましょう。採用に関するすべてのサポートをおこなってくれるので、仕事を依頼すれば優秀人材を獲得するための大きな一歩となるはずです。

そして、無事に獲得ができて入社してもらうことができたのなら、働きやすい環境を作って、思う存分活躍してもらいましょう。

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。

ご相談・お問い合わせ